省エネ住宅を学ぼう

省エネルギーと住宅

最も効果的に省エネ住宅を目指すには

断熱性と気密性を高めることが一番

住宅が一生(ライフサイクル)のうちに消費するエネルギーの大半を、冷暖房や給湯、調理、照明など、毎日の暮らしの中で消費するエネルギーが占めます。CO2の排出量を削減するには、この日常生活での消費エネルギーを減らすことが必須です。日本では、地域差はあるものの、冷暖房(特に暖房)と給湯に用いるエネルギーの割合が大きいことがわかっています。

冷暖房による消費エネルギーを無駄にしないためには、住まいの断熱性と気密性を高める必要があります。冷暖房によって室内を快適な温度にしても、室外との温度差があると、住宅の壁や天井、屋根、床、窓や出入口などから熱が逃げたり入ってきたりしてしまいます。このようなことがないようにするためには、室内を包むようにすき間なく断熱材で覆えば、住まいの断熱性を高めることができます。決して窓などの開口部が少ない家をつくるということではありません。特に、住宅の足元である基礎周辺の断熱は複雑で、注意が必要です。断熱性が高い住宅は、冬は少しのエネルギーで室内が暖まり、夏は外からの熱の侵入を防ぎ、冷房が効きやすくなります。

同時に、住まいの気密性を高めることも重要です。気密性を高めるには、壁や天井、床などに使われている部材と部材のすき間を、できるだけなくすことです。また、開口部に気密性の高い窓を選ぶ必要もあります。

このようにして気密性を上げれば、暖めたり冷やしたりした室内の空気がすき間から逃げることもなく、エネルギーロスを小さくできます。

ただし、そこで忘れてはならないのが、室内にクリーンな空気を取り入れて、汚れた空気や湿気を外に出す計画換気です。建築基準法では、0.5回/時間の換気がなされるよう計画的に換気装置を設けることを義務づけています。換気による室温の変化や熱ロスが少ない、熱交換型の換気システムもあります。高気密・高断熱の住宅では、計画換気はとても大切だということを、よく覚えておいてください。

高断熱・高気密の住まい

建物全体が暖かくなるので、どこにいても寒くありません。


断熱・気密が不十分な住まい

冬は北側の部屋がとても寒くなります。


省エネ住宅web

「省エネ住宅すすめよう」

社団法人 住宅生産団体連合会