省エネ住宅を学ぼう

省エネルギーと住宅

いろいろある断熱材

よく考えて選び、適材適所にきちんと施工しよう

住宅に用いる断熱材には、「無機繊維系」「発泡プラスチック系」「木質繊維系」があります。グラスウールやロックウールは無機繊維系、ビーズ法ポリスチレンフォームや押出法ポリスチレンフォーム、硬質ウレタンフォーム、フェノールフォームは発泡プラスチック系、セルローズファイバーやインシュレーションボードは木質繊維系です。

地域ごとに求められる断熱性能は違います。適切な種類や厚みの断熱材を選びましょう。

断熱材の施工法として、近年は「外(張り)断熱工法」を採用する例もあります。構造材の間に断熱材を施工する従来の充填断熱工法に比べ、外断熱工法は住宅の外側を断熱材でまるごと覆うので、より薄い材厚で同じ断熱性能を得ることができます。反面、充填工法に比べて建物の形状に凹凸がある場合は施工が難しいなどの短所があります。住宅の立地や形状などの条件を考慮して、断熱材や断熱工法を選択するようにしましょう。

さらに、壁体内結露を防ぐために「通気工法」を用い、耐久性を高めている住宅も多く見られます。この工法は、断熱材の外側に透湿防水シートを貼り、外壁材との間に空気の通り道を確保するものです。壁体内の湿気はこのシートから通気層を通して外部に放出されます。断熱材の室内側には気密層を必ず設け、室内の湿気を断熱材の室内側で食い止めるようにします。特に外壁にサイディングを選び、(財)住宅保証機構の性能保証住宅として申請する場合は、通気工法の採用が保証条件になっています。

代表的な断熱工法

充填断熱工法

断熱材を床・壁の内部や天井に施工する工法

外(張り)断熱工法

断熱材を基礎・壁・屋根の外側に施工する工法

さまざまな断熱材

無機繊維系断熱材

グラスウールは、リサイクルガラスを主原料に高温で溶解し、綿状の繊維にして成形した断熱材です。ロックウールは、高炉スラグや玄武岩、その他の天然岩石などを主原料とし、高温で溶融するなどの後、繊維状にした人造鉱物の断熱材です。

発泡プラスチック系断熱材

ポリスチレンを原料とするポリスチレンフォーム断熱材には、製法によってビーズ法と押出法があります。ビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)は、ポリスチレン樹脂と原料ビーズを金型に充填して加熱発泡させたもので、さまざまな形状があります。押出法ポリスチレンフォーム(XPS)は、ポリスチレン樹脂に炭化水素などの発泡剤を加えて押出し成型したもので、板状です。硬質ウレタンフォーム(PUF)は、ポリイソシアネートとポリオールを混ぜた、均一な発泡体です。フェノールフォーム(PF)は、フェノール樹脂を発泡硬化させた板状の断熱材です。これらは気泡が独立した状態になっていて、中に空気を封じ込めるため、熱を通しにくい性質を持ちます。

木質繊維系断熱材

セルローズファイバーは新聞古紙を主原料に、防熱・撥水性能を加えた断熱材です。天然繊維のため1本1本の中に小さな空気胞があり、さらに繊維が絡み合って空気層をつくります。木質繊維特有の吸放湿性もあります。インシュレーションボードは軟質繊維板ともいい、木材チップなどの繊維を固めたものです。

省エネ住宅web

「省エネ住宅すすめよう」

社団法人 住宅生産団体連合会