省エネ住宅を学ぼう

省資源と住宅

水は貴重な環境資源だから

中水・雨水を利用しましょう

生活のさまざまな場面で、たくさんの水が使われています。その量は1日あたり1人300〜400リットル、年間では100tを超え、これは25mプール1杯分に相当します。

海に囲まれ、川も多く、降雨に恵まれた日本では、水のありがたみを日常生活で意識することは少ないかもしれません。しかし、水も貴重な環境資源です。

水道水の使用量を抑える方法として、中水や雨水の利用があります。中水は、風呂や洗濯の余り水のように、家庭排水のうち比較的汚濁の少ない排水を、浄化・殺菌処理をして、トイレの洗浄水や庭への散水、洗車などに再利用する方法です。

雨水の利用も、日本の気候風土を活かした節水方法です。住宅の屋根に降る雨は比較的汚れが少なく、ゴミをフィルターで取り除いた後にタンクに貯水し、ポンプアップして庭の散水や植木の水やり、洗車などに使います。設備も比較的簡単で、水資源を節約できるというメリットだけではなく、非常時の貯水槽や防火用水としても利用できます。


雨水を利用することで、水道水の使用を抑えることができます。屋根に降った雨を集め、ゴミをフィルターで取り除いてからタンクに貯水し、ポンプアップして庭の散水や植木の水やり、洗車などに使います。非常時の貯水槽や防火用水としても利用できます。

節水器具を利用しましょう

また現在、トイレ、シャワー、各種水栓、食器洗い乾燥機などの水まわり製品に、節水性の高い機器や器具が多く開発されています。

例えばトイレでは、従来の便器が1回約12リットル程度の水を流すのに対し、節水型の便器は約6リットルと、使う水は半分で済みます。シャワーの出・止をスイッチで操作できるシャワーヘッドは、こまめにシャワーを止められるため、節水・節湯効果があります。自動的に温度調節できるサーモスタット式の水栓は、湯温を調節するときの捨て水を減らせます。近年普及が進む食器洗い乾燥機も、使用水量は10〜15リットル程度で、手で洗うよりはるかに少ない水量で食器を洗えます。

節水は省資源というだけでなく、水道水をつくるためのエネルギーの削減や、水道代の節約につながります。省エネ住宅は環境保全を目指すものですから、こうした製品を積極的に選ぶようにしましょう。


節水型の便器なら、使う水は約6リットルと、従来の便器の半分で済みます。

シャワーの出・止を手元のスイッチで操作できるシャワーヘッドは、水を無駄にしないだけでなく、湯を沸かすエネルギーの抑制にも大きな効果があります。自動的に温度調節できるサーモスタット式の水栓も、節水効果があります。

食器洗い乾燥機の使用水量は10〜15リットル。手で洗うときの使用水量は約100リットル(6人分の食器・小物を洗った場合、日本電機工業会調べ)ですから、かなり節水できます。

省エネ住宅web

「省エネ住宅すすめよう」

社団法人 住宅生産団体連合会