省エネ住宅を学ぼう

より快適な省エネ住宅に向けて

誰もが暮らしやすい家を実現するように

バリアフリーを心がけましょう

住宅の長寿命化を目指すうえでは、住まい手が高齢になったり、身体に障害を持ったりしたときも、快適に暮らせる家であることが重要です。いまは必要なくとも、いざそのような事態が訪れたときのために、手すりを取り付けられる下地をあらかじめ用いる、廊下の幅を確保しておくなど、バリアフリー改修しやすいように配慮しましょう。

住宅をバリアフリーにする場合よく行われることは、段差をなくす、夜間移動時の足元を照らす、手すりを付ける、使いやすいスイッチ・ドアハンドルを採用する、安全性に配慮した仕上げにするなどです。


段差をなくす

居室と居室の間は、下地を調整すれば段差をなくせます。居室と廊下の間も、沓ずりをなくすか、沓ずりのいらない扉を採用しましょう。引き戸の場合は、V溝のレールや、吊り戸にするといいでしょう。

夜間照明

自動的に点灯・消灯するセンサー付きの照明などがあります。寝室からトイレに至る廊下などに設置するといいでしょう。

手すりを付ける

廊下などに取り付ける移動用の横手すり、トイレなどの姿勢保持(動作補助)用の手すり、バルコニーなどの落下防止用の手すりがあります。しっかり握ることが多い場所の手すりは細めの円形のもの、手を滑らせて使用する場合はやや太めのものを取り付けましょう。手すりの色は周囲と区別しやすい色を使い、主な利用者に最も合う高さに取り付けましょう。

スイッチ・ドアハンドル

子どもから大人まで使いやすい位置に取り付けます。ドアハンドルは、力を入れずに開け閉めできる形状のものを選ぶといいでしょう。車いす利用者がいる場合は、ドア周りに充分なスペースを確保します。
最近は、押す・引くだけのワンアクションで開閉可能なドアハンドルなど、誰にとっても使いやすい、操作性を重視した製品も開発されています。

安全性に配慮した仕上げ

階段の踏面は、粗面にしてノンスリップを設けると滑りにくくなります。洗面所や脱衣室、浴室は、水に濡れても滑りにくいものを選ぶべきです。また、転倒した場合に衝撃を和らげるような材料も望ましいでしょう。
壁の仕上げは、出隅部分を面取りしたり、衝撃を和らげるような材料を使ったりするといいでしょう。廊下や居室の壁には幅木を設けると、車いすが衝突したときも壁面を保護することができます。


上記を満たすことで、年齢や身体の状態を問わず、誰もが暮らしやすく、将来の身体の変化や暮らしの変化に対応しやすい家づくりを実現できます。ちなみに「住宅性能表示制度」では、高齢者等への配慮のために必要な対策が、住まいにどの程度講じられているかを評価する基準があり、移動時の安全性と介助の容易性の2つの観点から評価しています。

また、バリアフリーから一歩進んで、「ユニバーサルデザイン」の考え方も少しずつ浸透してきました。例えば最近見かける自動販売機は、商品や釣り銭の受け取り口が人間の腰の位置にあります。このように、老若男女を問わず誰にとっても使いやすく考えられているものを、ユニバーサルデザインと言います。住宅分野では特に、水周り製品にこの考え方を採り入れたものが出ています。

省エネ住宅web

「省エネ住宅すすめよう」

社団法人 住宅生産団体連合会