省エネ住宅を学ぼう

住まい手に知ってほしいこと

住宅を長持ちさせる、暮らし方の心得

日々の手入れ、定期的な点検が大切です

住宅を長持ちさせるために必要なこと

人間が定期的に健康診断を受け、具合が悪いところがあれば治療を受けるように、住宅にも定期的な点検とメンテナンスが必要です。きちんと点検・メンテナンスを行うことで、住宅が長持ちすることを住まい手に伝えましょう。メンテナンスは居住者自身がこまめに行うことが基本ですが、外壁や屋根の塗り替え、設備機器の定期保守などは、専門家に頼むほうが安心です。

住宅を長く使ってもらうために、住まい手に知ってほしい点は以下の通りです。

まず外まわり。屋根や外壁は直射日光や風雨から建物を守っているので、その傷みは住宅の寿命を左右します。年月とともに劣化しますから、早めに点検・補修することが望ましい部分です。特に雨漏りは大敵です。内装や内部の建具、家具を濡らすだけではなく、構造躯体に悪影響を及ぼします。外壁のひび割れや、屋根材の防水機能の低下は雨漏りにつながります。台風や大雨の前後には、屋根材のずれ、雨どいの詰まりなどがないかを確認し、問題があれば早めに専門家に連絡するようお願いしましょう。

アルミサッシは比較的腐食しにくい部材ですが、付着した砂やホコリ、塩分などを放置しておくと、腐食の原因になります。交通量の多い道路沿いや、空気中に塩分が多い海岸沿いでは、定期的に水拭きや水洗いして手入れすることを勧めましょう。木製窓の場合は、室外部分を定期的に塗装すると、耐候性が高まり長持ちします。

そして水まわり。キッチンや洗面台、浴室などの排水管は、長く使ううちに汚れがたまり、水の流れが悪くなります。詰まる原因は、油や油分を含む汚れ、髪の毛などです。油をそのまま排水管に流さないように注意を促し、詰まりの原因となる汚れはこまめに取り除くようにしてもらいましょう。

将来を考えて、家の履歴を残す

家族構成やライフステージに変化があったときは、リフォームによって現状を改善することも、住宅の長寿命につながります。リフォームには、省エネルギーのためのリフォーム、耐震性能を向上させるためのリフォーム、バリアフリーにするためのリフォーム、防犯性能を向上させるためのリフォームなど、さまざまなものがあります。

さらに、将来リフォームする可能性を視野に入れて、新築時の設計図書や採用した建材・設備機器の資料をきちんと保管しておくことを、住まい手に勧めましょう。

省エネ住宅web

「省エネ住宅すすめよう」

社団法人 住宅生産団体連合会